スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の転職環境

女性が転職を行う時は、実は男性よりも強い心構えと周到な準備が必要であると、覚悟しておきましょう。 女性の社会進出が当たり前になってから、実はそれほど年月が経っているわけではありませんから、日本社会ではまだまだ女性支援体制が整っていないとして考えるべきです。 その前提で考えると、女性にとってキーワードとなるのは、配偶者や子供の有無、そして強い協力者がいるかどうかという点となります。 理解ある会社であれば、家事や育児が仕事に響かない体制を整えていることが伝われば、あとは純粋に能力で判断してくれるからです。 ですから女性は、転職活動前に、配偶者や親などに十分な理解と協力を取り付けておく必要があります。 この問題をクリアした上で初めて、一人の社会人として魅力的な履歴書を用意し、人材としての自分をアピールしていくことができるのです。 こういった意味では、女性は男性よりも、ややハードルの高い転職環境であるかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

女性の転職実態

現在では女性の転職も当たり前になりました。 古くは女性が社会で活躍する場は極端に少なかったのですが、現在では男女ともに変わらず能力を発揮できる場が飛躍的に増えたと言えます。 そうは言っても多くの女性は、結婚や出産、育児や家事とは無縁でいられません。 つまり結婚生活や子供ができること自体は幸せであっても、仕事という面で捉えれば、非常に大きなリスクを抱えているということも否定できないのです。 この辺りは、日本がまだまだ男性上位社会である傾向が見え隠れするところですが、例えば面接の際にも「結婚はしていますか?お子さんは?誰が育児や家事をするの?」と訪ねる会社も未だに多くあるほどです。 女性が育児や家事をこなすのが普通であるという考え方は、男性だけではなく女性にももちろんある意識ですが、会社として能力ある女性を全面的にバックアップしていくという体制が、まだまだ遅れているのが、日本の社会の現状であるようです。

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

転職情報媒体

転職情報は、今や巷には溢れていると言って良いでしょう。 昔からあるものではハローワークがありますが、その他にも両立支援ハローワークというものがあります。 これはかつてレディースハローワークと呼ばれていたものが名称変更したもので、育児・仕事・家事などとの両立を目指せる仕事探しを支援してくれます。 このほか、使える資格や特定の分野の経験がある人などのために人材バンクがあり、ここに登録すると「その能力を求めている企業」とのマッチングがうまくいきやすいため、専門分野で仕事を探したい人には向いています。 年代を問わず広く利用されているのが転職情報誌です。 主に、働き盛りと言われる20~30代くらいまでの方を対象とした求人が掲載されていますが、それ以上の年代の方のためには「40歳からの仕事」といったような中高年向けの雑誌もあります。 現在最も利用されている媒体は、時間を問わず一人でじっくり検索できる、インターネット求人サイトだと言えます。

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

履歴書情報③

履歴書から読み取れる情報、続いては「自己アピール文」と「職務経歴書」についてです。 これらは厳密には履歴書ではありませんが、履歴書を補足する書類として定番になっています。 書類選考では履歴書一枚で自分が判断されるわけですから、同じ一度しかない機会であれば、できるだけ自分を知ってもらうための情報ツールを相手に与えるべきでしょう。 従って募集要項には特に記載されていなくても、履歴書・職務経歴書・自己アピール文を、転職活動における1セットとして用意する方が望ましいと言えます。 職務経歴書では、具体的成果はもちろんのこと、コピー取りひとつでさえどういう心構えで行っていたか、そういった「取り組み姿勢と成果」についてを具体的に表します。 自己アピール文では、それらの経験から、いったい自分が何を得てきたのか、自分にはどういう魅力があるのか、足りない点はあるがどう克服できるのか、と、自分という人物像をイメージできる工夫をするのが秘訣です。

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

履歴書情報②

履歴書の手書き以外にも重要なのが「志望動機」「自己アピール」の欄であると言われています。 差をつけるべきは資格欄などではなく、まさにこの部分であると言っても過言ではありません。 よく志望動機欄に「御社の社風に共感を感じ…」と、マニュアル的な文章を書く人がいますが、これは最悪です。 昔であればともかく、今は最も「何も考えていない人」であるとの印象を持たれても仕方ありません。 望ましいのは多少独断であっても「自分の意見・考え」を堂々と述べているものです。 自分のこれまでの数々の経歴から得た経験を、いかにこの仕事において活かすことができ、それが会社にどう貢献でき、そして自分をどう成長させるのか。 新卒者ならそこまで望まない企業側も、転職者となると話は変わります。 『なぜ転職を希望したのか』という点を、企業側は知りたがっています。 この構成で考えることができればひとまず及第点だと言えます。 少し視点を変えてみると、これまでとは違った履歴書が書けるはずです。

テーマ : 転職 - ジャンル : 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。